スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←魔王に抱かれた私……60 →魔王に抱かれた私……おまけ 登場人物紹介
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 各小説の属性
もくじ  3kaku_s_L.png 零―中邑あつし
もくじ  3kaku_s_L.png 狼になりたい
もくじ  3kaku_s_L.png 追憶の人
もくじ  3kaku_s_L.png おばかさん
もくじ  3kaku_s_L.png 作詞したもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はんぶん、ずつ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
もくじ  3kaku_s_L.png 書き手の御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真珠
もくじ  3kaku_s_L.png 酔狂なレビュー
【魔王に抱かれた私……60】へ  【魔王に抱かれた私……おまけ 登場人物紹介】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

魔王に抱かれた私――優美香

魔王に抱かれた私……61

 ←魔王に抱かれた私……60 →魔王に抱かれた私……おまけ 登場人物紹介
61、果てにあるもの

 夜が明けていく。
 エーベルが崖の下へと手を伸ばし、教会から逃げてきた人たちを引き上げている。
 避難者たちは狭い平地に思い思いに座り、肩を寄せ合う。フランは彼らに火を焚き、沸かしたお茶を配っていた。
 エーベルが避難者の列にいた最後の一人を引き上げる。男は彼を見て、顔をほころばせた。
「エーベルさまが、お元気でよかった」
「そちらこそ」
 男は以前、彼がカインと西から帰還した折りに「おかえりなさい」と言ってくれた臣下だ。エーベルが軽く目尻を下げる。
「大変でしたね」
「確かにね、まいりました。急に廷内に集められたと思ったら、あっというまに、なにもかも変わってしまいましたので」
「存じております」
 男はエーベルを静かに見つめ、口を開いた。
「あなたがカインさまと宮中からいなくなってからのことも、ご存知なのですか?」
 エーベルはその問いの真意に気づき、潔く答えることにした。
「ええ」
 若い臣下が深い吐息をつく。
「細かいご事情は存じません。ですが、またご一緒にエレーナさまをお支えしたいと思っています」
 エーベルの胸が熱くなる。男は、あわてたように笑みを浮かべた。
「そんな、泣きそうな顔しなくても」
 エーベルは目頭を押さえ、何度も頷いてみせる。やがて彼の肩に、そっと臣下の手が置かれた。
 彼らの背中から、うれしそうなフランの声が聞こえてくる。
「エレーナさま!」
 彼女が女王に駈け寄る音がする。エーベルが顔を上げると、カインが崖の淵に立っていた。
「ご無事で」
「大勢の人の気配がしたから、崖を二人で登ってきたよ」
「急に出現されたら、びっくりされる方もいらっしゃるでしょうしね」
「まあね」
 カインは頬を緩めて彼に笑いかけ、それから避難者たちを見渡す。
「教会からの避難者は、全員集まっているのか」
「ええ」
 エーベルは続けて言った。
「女性や高齢者は小屋の中におります」
「教会長も?」
 上官の問いに彼は頷く。カインはあらためて言った。
「間に合ってよかった」
「そう思います」
 エーベルはカインの心中を知っていた。ここをレフティとの対決場所にしたくないのだ。
 できれば魔術師以外の避難者の心に、ショックを与えたくない。カイン本人は、魔術を使うことも避けたいと思っている。
 しかし、その願いは叶えられそうになかった。
 二人はすでに知っている。レフティが避難者たちを尾行し、軍勢を率いてこの山を取り囲んでいることを。
 カインたちは、デメテール国王が亡くなった時のことを思い出す。
 ルーンケルン領土を狙う東西の強国は、一日も経たないうちにデメテール死去の事実を知っていた。
 おそらく、レフティが軍事政権を立てたことも同様に知っているだろう。今日のうちに決着をつけないと、混乱に乗じて東西から攻め込まれてしまう。
 なんとしてもレフティを討たなければ、エレーナにも民にも平穏はない。彼はふたたび覚悟を決め、エーベルに向き直った。
「わたしたち四人は、ここから離れよう。女性二人は途中で港に飛ばす。エレーナさまとフランは東行きの船に乗せればいい。女性たちを逃がした後、我々はレフティを迎え討つ」
「御意」
 カインは小屋の中に入り、教会長に「避難者を頼みます」と告げた。老いた教会長は目に涙を浮かべ、彼の頬に触れる。
「どうかご無事で、ここまでお戻りくださいませ」
「おまかせください」
 すぐに戻る、と言い切れないことが歯がゆい。
 カインは高台に登る前、水晶玉を視ている。しかし、これから起こることをなにひとつ示してくれなかった。
 それでも、彼は精一杯の笑顔を作る。
「必ず教会を再建しましょう」
 カインが教会長に言い残して小屋を出る。朝の陽がこの高台にも、広く届きはじめた。彼はエーベルと二人で、小屋と高台すべてに結界を張った。
 振り向くと、エレーナ女王とフランが待っている。彼らは崖の下へと降りた。
 野草が茂る、急傾斜の道が続く。カインの耳に、ぱちっ……という乾いた音が聴こえた。彼は振り向き、後ろにいる三人に告げた。
「火を放たれた音がする」
 一番後方にいたエーベルが頷く。彼の前にいるフランが、心配そうな顔をして後ろを向いた。「大丈夫」というエーベルの声が聞こえる。
 そのとき、カインは感じ取った。
 四方八方から乾いた草が燃える音が迫っている。彼は後ろのエレーナへと振り向いた。
「短剣は、お持ちですよね?」
 彼女は顔をこわばらせて頷く。昨日、エディットの峠でカインから手渡されたものだ。
 やがて彼らの前方、斜面の下方から火の手が見えてきた。
 カインとエーベルが両手を天にかざす。すると黒い雲が空一面に立ち込め、大粒の雨が降り出した。
 彼ら四人がいる場所に、冷たい風が吹き上がってくる。
 ほどなくして、放たれた火は消えた。
 彼方から馬の蹄音が鳴り響く。カインとエーベルは、レフティの怒号を聞き取った。
「駆け上がって矢を引き絞れ! あいつらは斜面の上にいる!」
 周りの野草が焼き尽くされた今、斜面下方から自分たちは丸見えだ。カインは振り向いて叫んだ。
「伏せろ!」
 女たちが伏せると同時に、矢が大量に降ってくる音がした。
 即座に、カインとエーベルが高く飛び上がる。エーベルは女二人に降り注ぐ矢に向かい、手を払う。とたんに、矢がすうっと消えていく。
 フランが宙を見上げた。エーベルが彼女に向かって頷く。彼の視界の中から、女たちの姿が消え失せる。
 宙に跳んだカインは前列の軍人の乗っている馬の脚に、さっと目を光らせた。すると、馬の前脚が次々と折れていく。軍人が鞍ごと落馬する。後ろに続く馬はすべてつまづき、混乱の波が広がっていく。
 レフティの大声がする。
「馬から降りろ! 武器を使え!」
 エーベルは既に剣をふるい、軍人の群れに襲いかかっていた。カインも剣を握りしめ、その後につづく。
 カインの頬を槍がかすめる。彼は身をかわし、飛び上がって軍人の喉元を突いた。二人は次々に襲いかかる男たちを薙ぎ払い、斬り刻んでいく。
 男二人は傾斜を進み、山の中腹にまで降りていた。カインの目の端に、ちら、と宮殿の白い壁が見える。
 そのとき突然、軍人たちが二つに割れて道を作った。
 カインたちは、その奥に目を移す。レフティが陽を背に受け、矢を引き絞っていた。
「昨夜、夢を見ていたよ。エーベル、おまえは俺の矢で死んでたな」
 エーベルは薄い笑みを浮かべ、彼に答える。
「あんたの夢も終わりだ」
 彼は体を翻し、レフティから放たれた矢を叩き斬った。カインが前へと疾走する。
 彼ら二人は次から次へと阻む軍人を斬って行くうち、剣を抜かずに駈ける男の姿が見えた。
 エーベルに男の強い意志が伝わる。
 ――女王は奴らの後ろだ。
「まずい!」
 彼の目が光った。もしかして魔族の掟が発動したのか。しかし、後ろを振り向くことができない。
 レフティは続けざま、矢を放ってきている。カインが叫んだ。
「エーベル! 後ろに回れ!」
 エーベルが彼の声を聞き、瞬時に反応しようとした時。女の悲鳴が辺り一面に響いた。
「きゃあああっ!」
「フラン!」
 若い男がひとり、フランとエレーナに向って銀色の短剣を振り上げていた。疾走したエーベルが、男の首を撥ね飛ばす。そして彼は、二人の姿を術によって消そうとした。
 しかし、女たちの身が消えない。愕然としたエーベルは、カインの声で我に返った。
「逃げろ!」
 叫んだカインの脳裏、魔族の掟が浮かぶ。
 死ぬ運命の者を生かし、歴史の流れを変えた魔族には相応の報いが待っている。しかも、本人の精神が一番脆くなるところで報いは具現化する。
 エーベルは顔をこわばらせ、女二人を背に隠す。女王の小さな声が聞こえる。
「わたしたちは、大丈夫です」
 彼は首だけで振り向いた。
 女王はブラウスの胸元に手を当てている。彼女たちは唇を結んで頷く。彼は前を向き、剣を振り上げてきた男の胴を薙ぎ払った。
 エーベルは女たちから身を離さずに、男たちを討ち続けていた。カインもそれに加勢し、レフティからの矢を払いながら剣を振るう。
 レフティが馬上から、彼らを激しい憎しみをたたえた目で見据えている。彼は背後の部下から、一本の槍を受け取った。
 フラン、エレーナ。よりにもよって、ここにいたのか。
 レフティは体中に沸き立つ憎悪を込めた槍を投げる。それはまっすぐにフランの胸を狙った。カインが横に跳び、槍の柄を斬り落とす。
 槍の石突きが転んだフランのワンピース越しに、深々と地に刺さる。彼女は叫んだ。
「エレーナさま! 逃げてください!」
 女王はフランのワンピースの裾に刺さった槍の先端に手をかける。が、彼女はあまりにも非力すぎた。エーベルがそちらを見遣る。
「エレーナさま! 逃げて!」
 フランが叫んだのと同時、動揺したエーベルの背中に次の槍が向かう。カインが叫ぶ。
「消えろ!」
 瞬時に槍は消えた。しかし、彼らの隙をつく者がいる。駈け抜けた男が女王を素早く後ろ手にとらえ、フランから引き剥がした。
「その女も殺してしまえ!」
 レフティの声にエーベルの業火が燃え上がった。彼は振り向き、その手から剣を放つ。剣がまっすぐに男の肺腑を抉っていく。
「許さん……!」
 倒れた男から剣を引き抜いた時だ。逃げるフランが腕を捕られているのが目に入った。エーベルは彼女の腕をつかんだ男に向い、ふたたび剣を放つ。男の脳天が一撃で割れた。
 エレーナは後ろに向かって駈け出している。
「エレーナさま!」
 カインが女王の後を追う。その時、レフティの馬がエレーナの前に立ちはだかった。女王は顔を上げ、彼の顔を凝視する。
 レフティが悠然と馬から降り、剣を抜いた。
「女王は生かしておけ。それ以外は用がない」
 エレーナが怒りのこもった眼差しで、彼を見上げた。レフティは凄惨な笑みを女王と、彼女の背後にいる彼らに向けた。
「貴様ら、それ以上動くな。動くとエレーナを斬り捨てる」
 彼はそう言ってエレーナの腕を乱暴につかみ、次に頬を力一杯に平手で打った。
「あ……っ!」
 エレーナ女王が皆の目前で倒れる。
 レフティはカインを見据え、彼女の体を引き起こした。女王はふらつく足で一瞬振り向き、カインに視線を投げた。
 彼ら二人は息を呑んだ。エレーナは、手を出すなと言いたいのだ。
 レフティがカインを見据えながら、彼女を横へと押しやる。
「おまえから片付けてやるよ!」
 カインも彼から目を外さず、手から剣を離して地に落とす。一瞬、レフティの心が揺れる。次の刹那、彼は大きく目を剥いた。
 レフティは愕然とした表情で胸元を見た。背後から深々と短剣が刺さっている。
 ぐっ、と渾身の力が更に、かけられたような気がした。
「なっ……!」
 彼は赤い血を吸った黄金色の刃先を目に焼き付けた。直後、前のめりに倒れていく。
 そこにエレーナがいる。
 彼女は涙を一粒、大地にこぼした。



 ――数ヵ月後。

 教会長が目に涙を滲ませながら、ふた組の男女に冠を授けている。
 木造の広い礼拝堂の前方には、小さなランプがある。そこには聖職者が暴動の最中でも必死で守り続けてきた、ともしびがあった。
 エレーナは白のワンピースを身に着けていた。彼女の隣にはカインが、紺の詰襟チュニックを着て立っている。
 その隣にはカインたちと同じ服装の、エーベルとフランがいた。
 簡素な式である。
 祝福の言葉を受け終わった女王が頬を染めたまま、皆に体を向ける。彼女は言った。
「今日をルーンケルンの、あたらしい建国記念日といたします」
 礼拝堂にいた民のひとりひとりが、彼らにあたたかい喜びの拍手を送る。
 それはいつまでも鳴り止むことがなかった。


                                      (了)


もくじ  3kaku_s_L.png 各小説の属性
もくじ  3kaku_s_L.png 零―中邑あつし
もくじ  3kaku_s_L.png 狼になりたい
もくじ  3kaku_s_L.png 追憶の人
もくじ  3kaku_s_L.png おばかさん
もくじ  3kaku_s_L.png 作詞したもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はんぶん、ずつ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
もくじ  3kaku_s_L.png 書き手の御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真珠
もくじ  3kaku_s_L.png 酔狂なレビュー
【魔王に抱かれた私……60】へ  【魔王に抱かれた私……おまけ 登場人物紹介】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【魔王に抱かれた私……60】へ
  • 【魔王に抱かれた私……おまけ 登場人物紹介】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。