スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←魔王に抱かれた私……59 →魔王に抱かれた私……61
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 各小説の属性
もくじ  3kaku_s_L.png 零―中邑あつし
もくじ  3kaku_s_L.png 狼になりたい
もくじ  3kaku_s_L.png 追憶の人
もくじ  3kaku_s_L.png おばかさん
もくじ  3kaku_s_L.png 作詞したもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はんぶん、ずつ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
もくじ  3kaku_s_L.png 書き手の御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真珠
もくじ  3kaku_s_L.png 酔狂なレビュー
  • [魔王に抱かれた私……59]へ
  • [魔王に抱かれた私……61]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

魔王に抱かれた私――優美香

魔王に抱かれた私……60

 ←魔王に抱かれた私……59 →魔王に抱かれた私……61
60、潮の行方・3

 カインはエレーナと二人、見覚えのある峠の木陰に立っている。カインは彼女を気遣いながら、指を差した。
「あちらの方が呪術師たちの自治区です。おそらく我々は、そこに行き着くまでに彼に会うでしょう」
 彼が示した木漏れ陽の揺れる先には、女王の目からも澱んだ気に満ちていることが見て取れた。
 彼女は周りを見回し、小さくため息をつく。アネイリ国王に招かれ、馬車に揺られて宮殿に向かうまでの記憶がよみがえる。
 あの時、この人を信じていられたらよかった。そうしたら自国は今頃、混乱を避けられていたのかもしれない。
 カインは長い睫毛を伏せた女王に言った。
「過ぎたことは、お忘れになりますように」
 エレーナは顔を上げ、彼が差した方向を見る。
「そうね、するべきことをしなくては」
 彼女はきっぱりと前を向いた。
 父が守り抜いてきた国家が危険に晒されている。ちっぽけな後悔にとらわれている暇はない。
「カインがいてくれるから、大丈夫ですね」
 彼は一瞬戸惑ったが、彼女に大きく顔をほころばせてみせた。エレーナはルーンケルンを混乱に陥れた元凶の呪術師を討つために|囮《おとり》になることを決めた人だ。二人で傷ひとつなく、エーベルたちが待つ場所に帰らなければ。……そう思うと、カインの心にも闘志が湧いた。
 しかし彼は同時に、この地に降り立った時から流れる空気の異様さを感じ取っている。ひたひたと足元にまとわりつく、重い泥のような違和感だ。それは風が吹くたびに嵩を増し、濃く立ちこめはじめていた。
 カインは少しでも邪気を払うため、ぱちんと指を鳴らす。右手に、黄金色の鞘に包まれた短剣が現れる。|柄《つか》は彼の目と同じ鳶色をしている。
 彼はその短剣を、両手で女王へと差し出した。
「わたしの力が篭っている守り刀です。懐に入れてください」
「ありがとう」
 エレーナは顔をこわばらせ、彼から短剣を受け取った。彼女は固い笑みを浮かべ、言われた通りに胸元に入れる。
 澱のような空気が更に増してきていた。カインは女王の後ろを歩き、目的地に向かう。
 生暖かい風が吹く。
 がさっ、と木が大きく揺れる音がした。
 カインが振り向くと、そこに引き締まった肩口から黒い布を纏った男が一人立っている。背丈は彼より、やや低い。鼻から顎にかけて、同じ黒い布で覆っていた。
 男は切れ長の目を細め、二人の姿を見比べた。カインたちに、男のくぐもった声がする。
「待っていたよ、魔王」
 そう言った男は右手を高く掲げた。一瞬にして空の色が真っ暗に変わった。男の手には銀色に光る剣がある。
 カインも無言で目を光らせ、大きく右手を伸ばす。男に向かって構えた時には、黄金色の剣を携えていた。
「さっそくのご歓迎に礼を言う」
 彼は左手でエレーナを引き寄せ、顎を上げて男を睨んだ。
「ひとつ聞いておく。西に住む呪術師は陽の高いうちは、術を使わぬのではなかったか」
 男は彼を鼻先で嘲り笑う。
「裏切り者には話は別だ」
 裏切り者、と呼ばれたカインの心に業火がともる。同じ魔族なのにエレーナを生き延びさせて歴史を改ざんし、あろうことか呪術師に不利な未来を作っていると言われているのだ。
「それならこちらも存分にやらせてもらう」
 彼と男は同時に跳び上がる。高く飛んだ空の上、男は斬撃をカインの左側に繰り出してくる。エレーナが息を詰める気配がした。カインは身を翻して男の背を狙い、右手で剣を振り下ろす。
 すると男は振り向きざま、彼の剣を払ってくる。カインはたじろがず、払われた剣で男の喉元を狙って突きこんだ。
「おっと!」
 男も負けじと体を外し、更に高く跳び上がる。逆にカインは大地に降りた。上空から、高らかに男の嗤う声がする。
「魔王も衰えたな」
 彼は真上に浮いた、剣を振りかざしている男を見定めた。
「来いよ。叩き斬ってやる」
「行くぞ……!」
 男は勢いよく剣を振り下ろしてくる。カインはそれを頭上で受け止めて払い、間髪入れず相手の胴を真っ二つに切り裂いた。しかし、地上に転がるはずの上半身だけは浮き上がり、ふたたびこちらに向かって前進してくる。
 迎え討つカインは全力で踏み込み、標的の斜め下から心臓を裂くように斬り上げる。男は口から血を吐き、仰向けにひっくり返っていく。
 どうやら悠長に女王を隠す場所を探している時間はなさそうだ。彼は左手で抱きかかえた彼女の額にくちづけ、さきほど二人が降り立ったらしき木陰を見遣る。
 エレーナの姿が消えると同時、背後からシワがれた声がした。
「魔剣の威力、見せていただきました」
 振り向くと、青白い光の球がぽっかり浮かんでいた。中に姑息な笑みをたたえる赤い目をした老人がいる。白髪を短く刈り、腰が大きく曲がった姿の老人は、こちらを上目遣いで見つめていた。
「まあ、さっきの彼も満足でしょう。前世で魔王に親を殺されたとか言っておりましたものですから、私の尖兵として出てもらったわけで。いや、さすがです。わたしも戦い甲斐があるというもの」
 カインは呪術師の劣等感を瞬時に見抜く。
 彼は目を細め、老人を軽く煽る。エレーナを隠した場所へと、少しでも老人の意識が向かうのを防ぐために。
「死ぬ前に、よく喋る年寄りだな。命乞いでもしたらどうだ」
 老人は赤目を光らせた。いつのまにかカインの周りを、黒ずくめの剣を構えた男が幾人も取り囲んでいる。彼は気配で感じ取る。その数、二十人にも満たない。
「命乞いをするのは、魔王の方でしょう? わたしは運命の必然に従っているだけだ」
 カインは老人を鼻先で笑った。
「なにを言いたいのか。……呪術師も年寄りになると、自分で話していることがわからなくなるらしい。可哀想に」
 彼はなおも嘲笑を重ね、語気を強める。
「老いぼれに最期の言葉を吐かせてやるよ」
 老人は顔をこわばらせ眉を吊り上げた。
「死ぬ運命の者に|現《うつつ》を抜かし、延命させ「善人になりたい」などとほざく魔王などおらぬ方がよい! それならいっそ、わたしがおまえに成り代わってやるわ!」
 カインの口元に凄絶な笑みが浮かんだ。奴の本音はそこか、と思い至ったのだ。我欲のために、レフティを自分の傀儡にしたかったのか、と。
 老人の罵声を合図にしたかのように黒づくめの男たちが、彼に向かって襲いかかってくる。カインは臆せず前に踏み込み、ひとりの男の首を撥ねた。
 襲撃者を屠るたび、彼の剣は光を増して猛威を奮う。叫び声を上げて横薙ぎにして来る者がいる。彼は身を翻し、相手の脳天へと剣を叩き落とす。と同時、男の割れた頭から火が激しく吹き出していく。
 老人のしわがれた大声が辺りに響く。
「頭や心臓を斬られるな!」
「馬鹿め。わたしに敵う者などいるはずがない」
 彼はそう言い、目の前を飛び上がった相手のくるぶしを切り落とす。激しく燃える炎は、足元から一直線に心臓を直撃する。
 男は絶命する直前に老人を振り向き、叫んだ。
「早くお逃げに……!」
 顔を上げたカインの視界、老人が愕然とした表情で後ずさっていた。瞬時にカインは呪術師の背後に回る。
 彼は老人の首に腕をかけた。その腕に力を込めて顎を上げさせ、剣の切っ先を突き立てる。
「ぐっ……!」
 老呪術師は呻き、逃げようとする。が、カインの腕がぎりぎりと彼の首を締め上げていた。
「おまえごとき、わたしに敵うはずがないんだよ」
 老人は目を剥き出しにして彼を睨み、死力を振り絞る。生涯最後の呪いのために。
「き、貴様などに……」
 カインはその言葉を遮る。負の連鎖など真っ平御免だ。
「おまえにくれてやる未来などない」
 彼が言い終わるや否や、魔剣は獲物の喉笛を引き裂いた。呪術師の喉元から、勢いよく赤い血がほとばしる。
 真っ暗だった空に、陽の光が戻りはじめる。
 カインは木陰で立ちすくむエレーナを見つけた。彼女の顔はこわばり、カインをまっすぐ見てはいるが言葉が出てこない様子に見える。
 彼も、そんな女王になんと言えばいいのか迷った。エレーナは小さく息を吸い、カインの胸に黙って頭をつける。
 彼は無言で女王を抱き寄せた。彼女はカインを見上げ、ほっとしたようなため息をついた。
「……カイン?」
 カインはエレーナを覗き込んだ。
「なんでしょう」
「さっき、あの老人が言っていたことは本当ですか?」
「言っていたこと、とは?」
「死ぬ運命の者に現を抜かし、延命……と。わたしは元々、そういう人間だったのですか」
 彼は女王を抱いた腕に力を篭めた。
「そうだったかもしれません。でも、エーベルも言っていたではないですか。新しい運命を作って……だったか」
「ええ」
 カインはエレーナの大きな黒い瞳を見つめる。
「それでいいんですよ、きっと。彼の言う通りなんです」
 二人はどちらからともなく、唇を重ね合わせた。長いくちづけの後、カインは言った。
「ここ数日のお疲れもありますでしょう、どこかでお休みになりませんか」
 女王は素直に頷いた。

 二人は今、小さな宿屋の一室にいる。
 カインはエレーナをベッドに寝かせ、自分はベッドに背中をもたれかけさせた。彼女が起きたら、すぐにルーンケルンに連れて行こうと思いつつ。
 仰向けに寝ているはずの、女王の細い声がする。
「カイン」
「はい?」
 彼が顔だけ振り向くと、恥ずかしそうなエレーナの表情があった。
「どうなさいました」
「添い寝してください」
 カインは驚いて、手だけを横に振った。
「だめです。それではあなたの疲れが取れません」
「小さな頃は、よく一緒に昼寝してくれたではないですか」
 彼は言葉に詰まった。こんなところで女王に添い寝などしたら、理性を抑えきれなくなるのに決まっている。
 エレーナは大きな瞳を濡らし、小さな赤い唇を開いた。
「わたしには逆らわないって、船で言ったくせに」
 苦笑したカインは立ち上がる。彼女がまばたきもせずに、こちらを見ていた。
 彼が静かに毛布をめくった時、エレーナがもどかしそうに両腕を伸ばしてくる。カインも応えるように彼女を抱きしめた。
 最愛の女性が頬を上気させ目を閉じる。カインはエレーナと唇を合わせ、幾度も舌を絡め合った。彼女の息が、少しずつ上がりはじめている。
 いつのまにかエレーナが、彼の背中をおずおずと撫でていた。気づいたカインも、彼女の背中をいたわるように撫でる。
「これでは添い寝にならないですね」
 女王は頬を赤く染め、不器用な指先でシャツのボタンを外しはじめる。
「エレーナさま……?」
 彼女は一度こちらを見上げ、彼の首に唇を押し当てた。
「わたしが……カインのことを癒して、添い寝してあげたいのです」
 つぶやきにも似た小さな声が、彼から理性を吹き飛ばす。カインはエレーナの手首をつかんだ。
 彼女の体を仰向けにさせ、静かに覆いかぶさる。エレーナの閉じた睫毛が震えているのが、彼にはわかる。
「怖がらないで」
 カインのひそやかな声が彼女の耳に流される。エレーナは彼に従った。
 やがて部屋の中に、互いの舌を絡め合っては離す音が満ちていく。彼女はカインのシャツを脱がしながら、彼はエレーナのブラウスを剥ぎ取りながら、幾度も舌を絡め合う。
 二人とも生まれたままの姿になった。
 カインの手が彼女の素肌を撫でるたび、真っ白い肢体が震えた。柔らかい乳房を口に含み、桜色の乳首を舌で転がしてやると、エレーナは背中を反らして身を預ける。
 お互いに存在を確かめあい、全身に唇を押し当てたあった末。
 カインは仰向けにしたエレーナの体の上に乗っていた。彼女の裂け目を指で撫でて舌を延べ、エレーナは喘ぎながら彼の逞しい肉根を口に含んでいる。
 彼女はカインから与えられる快感に、耐えられなくなってきていた。
「んんっ……! ぅぅうっ! ……ああ、あああんんんっ! あああん! カ、カインーーーーっ!」
 カインは構わずにエレーナの中に指を挿し入れていく。指を動かしながら彼は口を拭い、悲鳴を上げる彼女の唇を自らの唇で塞いだ。
 舌を絡めている最中、彼女が虚ろな目を開ける。彼はますます指の動きを加速させた。
「あううーーーーっ!」
 エレーナが彼から唇を外して鳴きながら、朦朧とした目で首を横に振り続ける。その瞳には幸福感に包まれた、カイン自身が映っていた。
「もっとエレーナの可愛い顔が見たい……」
 卑猥な水音とカイン自身の吐息の中、女王が細く小刻みに鳴き続ける声が混じり合う。カインが指先に力を篭めるとすぐ、エレーナは身を震わせて力尽きた。
 カインは彼女のすべてをいたわり、愛したいと感じ続ける。静かに覆いかぶさり、彼は深々と愛しい女の体の中に身を沈めた。
 動くたびにエレーナの背中はしなる。彼はそれをがっしりと包み込み、ありったけの愛情を注ぎ続けた。

 カインは幾度もエレーナの中に精を放ち、彼女は打ち震えながらカインのすべてを受け入れ続けた。
 満ち足りた潮が引き、新しい朝が明けて行く。

 二人の目前に、最後の戦いが迫っている。


もくじ  3kaku_s_L.png 各小説の属性
もくじ  3kaku_s_L.png 零―中邑あつし
もくじ  3kaku_s_L.png 狼になりたい
もくじ  3kaku_s_L.png 追憶の人
もくじ  3kaku_s_L.png おばかさん
もくじ  3kaku_s_L.png 作詞したもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はんぶん、ずつ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
もくじ  3kaku_s_L.png 書き手の御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真珠
もくじ  3kaku_s_L.png 酔狂なレビュー
  • [魔王に抱かれた私……59]へ
  • [魔王に抱かれた私……61]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 
  • [魔王に抱かれた私……59]へ
  • [魔王に抱かれた私……61]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。