スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←魔王に抱かれた私……58 →魔王に抱かれた私……60
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 各小説の属性
もくじ  3kaku_s_L.png 零―中邑あつし
もくじ  3kaku_s_L.png 狼になりたい
もくじ  3kaku_s_L.png 追憶の人
もくじ  3kaku_s_L.png おばかさん
もくじ  3kaku_s_L.png 作詞したもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はんぶん、ずつ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
もくじ  3kaku_s_L.png 書き手の御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真珠
もくじ  3kaku_s_L.png 酔狂なレビュー
  • [魔王に抱かれた私……58]へ
  • [魔王に抱かれた私……60]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 

魔王に抱かれた私――優美香

魔王に抱かれた私……59

 ←魔王に抱かれた私……58 →魔王に抱かれた私……60
59、潮の行方・2

 エーベルは立ち上がり、耳を澄ませた。自分たちが暮らしていた宮殿の隣に意識を向ける。教会のあった場所は、瓦礫だけになっていた。瞼を閉じれば、何人かの文官と教会長、神職に就く魔術師たちの気配がする。きっと集団で、ここまで移動する手段を考えているに違いない。
 エーベルは横に座っているフランが、こちらを見上げているのに気がついた。
「本当に、みんな無事なのね?」
 彼はわずかに目尻を下げた。
「ああ」
 彼女は一瞬、エーベルから視線を外す。しかし、すぐに彼を見上げた。
「宮殿の同僚や先輩たちの様子、視えるの?」
「安心して。さっきも言ったけど、レフティに抵抗しない限り、危害は与えられてはいない。きみの心配している人たちは、賢いから上手に振舞っている。全員、無事だ」
「そう」
 フランは立ち上がり、おぼつかない足取りで小屋の扉側へ歩いていく。見ると、焚き火の跡を片付けはじめている。彼女は胸当ての付いたエプロンに、燃えかすを丁寧に集めていた。
「手伝うよ」
「いいわよ、どうせすることないし」
「可愛くないな」
 彼女はエーベルが軽く言った言葉に、顔をこわばらせて横を向いた。
「ごめん」
 フランは黙々と燃えかすを集めてから、彼と目を合わさずに尋ねた。
「これ、どこに捨てたらいいの」
 捨てるもなにも、念じれば消えるものだ。エーベルは彼女に黙って笑いかけ、エプロンに集まった燃えかすに目を移す。
 瞬間、エプロンの上は空っぽだ。フランはなにひとつない、煤けて真っ黒になったエプロンを呆然と見つめた。
「どこに行っちゃったの、あれ」
「さあ」
 エーベルは彼女の手に目を留める。灰で汚れてしまった指先を見た時、心臓が大きく高鳴る自分を感じた。フランは彼が深緑色の瞳が大きく開き、こちらの手指を見ていることに気がつく。彼女は即座に、きびすを返した。
「手が洗えないって不便ね」
 フランの背中から、優しい声がする。
「見せてごらん」
 彼女はなにも言えなくなった。戸惑っているうちに、いつのまにかエーベルは目の前にいる。彼はフランをまっすぐ見つめながら、彼女の両手を取った。
「な、なにす……」
「働いている人の手だよね、きみの手は」
 フランは彼から目を背けた。
「日焼け跡も取れないし指の形も悪いし、爪も」
「わたしはそういう人が好きだよ」
 彼女がエーベルを、悲しそうな目で見返す。
「気休めでもうれしいわ、ありがとう」
「気休めじゃないよ」
 エーベルは激しく高鳴る鼓動を押さえ、なるべく息遣いを鎮めて彼女の手を撫でた。フランは彼の掌からもどかしそうに手を外そうとする。
 しかしエーベルの腕と胸板が、逃げようとする彼女を抱きすくめた。フランは目をしばたたかせ、彼の身から剥がれようと試みる。
 彼は腕に力を篭めた。
「お、おかしいよ。エーベル。こんなの」
「……黙ってろ」
 彼女が知っているエーベルの口調と違い、低く切なそうな言葉が聴こえる。フランが彼を見上げると、ぎゅっと目を瞑り、一所懸命になにかを堪えているような気がした。ふっ……と彼女は、体から力を抜いた。
 エーベルが、そっと唇を近づけようとする。フランが泣きそうな顔を背けた。
「そんな慰め方、おかしいよ」
 彼の頭の芯が、ぐらりと外れる。
「違う……」
 無理矢理フランにくちづける。思うまま、腕に力を込めて抱きしめていく。なんと言えば、この人に心が伝わるだろう。どうすれば、この人を癒せるのだろう。
 エーベルは逃れようとし続ける彼女をきつく抱きしめたまま、膝を崩している。長いくちづけは、破裂しそうな心臓に我慢を強いたものだ。
「どこにも行かせないからな」
 唇を離して一言、言ったきり。彼はふたたびフランの唇を強引に奪い続けた。
「だって……! 変、だよ、エ、エー……っ」
「黙ってろと言ったはずだ」
 エーベルはフランの背中を庇いながら、彼女を地面へと押し倒した。小さな悲鳴がする。彼はなおもフランを胸板で押し潰しながら、くちづけを繰り返した。自分の吐息が荒くなってくるのがわかる。
 ふと彼が顔を上げると、目を閉じて頬を真っ赤にしたフランがいた。どうにかして腕で、こちらを跳ねのけようとしているようだ。
 彼は頬を緩めた。
「無駄だよ、フラン」
 えっ、と怯えた彼女をぴったりと抱きしめ、エーベルは目を閉じた。次の瞬間、フランは驚き、気づく。ここは小屋の中だと。そして彼が、こちらを抱きかかえたまま、自分の下敷きになっていることも。
 あっ、と彼女が声を出す前に、エーベルはふたたびこちらを胸板の下に敷いていた。彼の唇だけがフランの唇に、何度も何度も押し当てられる。
「さ、さっき……っ。か、かわ……くないって……っ」
 両腕を開かれたフランは、上から降ってくる彼の唇から逃げ続けようとする。エーベルは彼女を抱きすくめたまま、無言で髪や額、頬に唇を押し当て続けた。
「や、やあ……っ」
 フランの心に、レフティの面影が不意に浮かぶ。
 ――あの人も確か、こんな風に。
 初めて彼に抱かれた夜も、なしくずしのままで流されたと思い出す。途切れ途切れに浮かぶ記憶の断片が、彼女の気持ちを締めつけた。
 エーベルの唇があちこちに降ってくるたび、あの夜の情景が浮かんでくる。思い返せば奈落の底に突き落とされそうだ。……しかし彼女は気づく。
 エーベルは、唇を押し当てる以上のことはしてこない。
 今ならまだ、友だちに戻れるかもしれない。そう思った彼女は必死で目を開け、彼に懇願した。
「やめ……」
 エーベルは彼女の心を知っている。彼はかぶりを振り、フランの額にくちづけた。
「わたしはあの男と違う」
 フランは目を閉じた。ふたたび涙が流れて止まらなくなる。
 エーベルは彼女にかける力を緩めた。それから丁寧に、フランの涙を唇で拭いながら告げた。
「ねえフラン。……誰かの代わりになんか、ならなくていいんだよ」
 意味を悟った彼女は、堰を切ったように声を上げて泣き出した。エーベルにはフランの心情が、痛いほどわかる。
 彼は相手にくちづけるのを止め、抱きしめながら髪を撫で続ける。辛抱強くフランの泣き止むまで、そのままの姿勢で待っていた。ほどなくして、フランがしゃくりあげながら、こちらを見ていることに気づく。
「慰めてくれて、ありがとう……」
 エーベルはフランを見つめた。
「こんなこと慰めで、わたしにはできない。わたしはカインさまのように、強い理性を保っていられるような男ではないんだ」
 相手の息を吸う音が大きく震える。彼は言った。
「わたしも、わたし自身を見てほしい……」
 そして彼はフランと唇を合わせ、静かに舌を差し伸べる。彼女の背中が大きく跳ねようとするのを、しっかりと抱きかかえながら。
 エーベルは彼女から唇を離し、そっと右手を重ねて指を絡めた。
「あなたが愛しいよ」
 彼はそう言って、フランにふたたび唇を重ね合わせる。彼女は体を固くしながらも、エーベルの舌を受け入れた。
 エーベルが唇を離すと、フランがぽつんと言った。
「友だちだと思っていたのに」
 彼はなにも言わず、腕の中の女を抱きしめた。
 ふたりは互いに怯えながら、舌を絡め合わせる。静かな小屋の中、何度か唇を離す音がした。彼はフランの首に唇を這わせ、丁寧に柔らかい素肌を舌で撫でていく。びくん、と彼女の体が震えるたびに、右手を固くつなぎ、左手では髪や頬を撫でている。
 エーベルはフランの素肌に唇をつけながら、ワンピースもエプロンを引き剥がした。そして、乳房を覆うブラジャーも。
 彼は小刻みに震える彼女の両の乳房を目にして、自然と吐息が荒くなる。片手で乳房を包んだエーベルは、もう片方の乳房に吸い付いた。
「ああ……」
 フランが幾度も身を震わせながら、諦めたような声を上げる。逃れようとしても、エーベルの手指や唇が赦してくれないのだ。
 今までに経験したことのない、優しい心が伝わってくる愛撫だった。エーベルから伝わるすべてが、フランを激しく怯えさせ、萎縮させていく。
「も、もう、怖い……」
 彼女はそう言って身をこわばらせながら、目を開けた。エーベルは柔らかくフランの額に触れる。
「怖いままでいい。今から『彼』を忘れさせてみせるから」
 彼はあらためて、愛おしい女にくちづけをした。レフティと真逆のセックスをしようと思ったら、決してできないことはない。
 しかしエーベルは優しく、彼女の柔らかい体に触れたかった。フランが体を震わせるたびに、きつく抱きしめていたかった。
 彼は時間をかけてフランの体のこわばりをほどいていくごと、つないでいる手に力を篭めた。やがてフランの息が細かく上がっていく。
 いつしかエーベルはぬかるんだ彼女の大事な所を、唇と指先で丁寧に愛でている。
 既にフランの意識は激しく混濁し続け、壊れかけていた。彼女はいつから堪えきれない鳴き声を上げていたのか、思い出せないほど彼に翻弄されている。
「あぁ! ああ……ぁっ、あ! あ……あああ、あはあぁぁぁ……っ!」
 小屋の中には、何度もフランの声が響いていた。
 彼女は優しさのこもった愛撫を延々と受け、何度か呻き声を上げて尽きていた。フランのすっかり壊れてしまった心に、あたたかい声が響く。
「おいで。フラン」
 エーベルの背中に彼女の腕が緩く巻きつく。彼は互いの素肌がしっとりと重なりあったのを確かめた後、ゆっくりとフランの中に入っていった。
 エーベルは彼女の体の奥深くまで自分を沈めた。フランは押し寄せる快感に耐え切れない。身を大きく震わせ、エーベルにしがみつく。
 彼は鳴き声を吸い取るように唇を重ねる。そしてエーベルは自分の心が彼女を欲しがるのに任せ、力強くフランを導き続けた。
「もっとわたしに堕ちてこいよ、もっとだ」
「あああっ、あぁ! も、もうだめ、もうだめえっ、あ、ああああん! あぁ……っ!」
 エーベルは彼女をがっしり組み敷いたまま、乳房を弄び、うなじを味わう。フランの体が火照って、真っ赤に染まっていた。彼もまた、気が狂いそうな快感に全身を貫かれている。彼女は幾度も、エーベルによって呻きの果てに弛緩した。
 彼は射精の時が近いことを感じた。胸の下で、がくがく震えるフランの髪を優しく撫でる。
「あなたの未来も、わたしがもらうよ。いいね」
 エーベルは無抵抗に成り果てたフランの体に、大きくうねりをつけて幾度も己を叩きつけた。彼女の唇から漏れる悲鳴は、彼の唇と舌が絡め取っていく。逃れる先をなくした快感が、フランの体の隅々で爆ぜる。
「ん、んぅぅーーーーっ!」
 愛しい女の呻き声が至福の響きに聴こえる。
 エーベルは痺れるような快感の中、彼女の体内の奥深くに真っ白い精を注ぎ込む。フランは激しく弛緩しながら気を失った。
 彼はそのまま、彼女の頬を軽く掌で包みこんでいた。やがてフランの浅い呼吸が戻ってきたことを感じ、愛おしむように腕や肩に触れていく。
 エーベルの耳に、かぼそい声が聴こえる。
「あ……。あたたかい。エーベルの、からだ……」
 エーベルは微笑み、最後まで聞き取らずに丁寧に彼女と舌を絡めた。自分がまだ深く沈む彼女の体は、熱いうるみを湛えて震え続けている。
「我慢できない……」
 彼はこらえきれずに、ゆっくりと動き出していく。
「あ、も、もう……っ! あぁぁっ! そ、そん……っ! あううぅっ!」
「……なに?」
「き、きつい……っ、ああん! きついよぅ……っ! あ、ああっ!」
「これが……。わたしなんだよ」
 彼の言葉を耳から流されたフランの体が、深く諦めたように脱力する。彼女はふたたび、彼の力強い優しさにまみれながら堕ちていく。
 エーベルは何度もフランに愛情のしるしを放ちながら、あたらしく生まれ変わっていく自分を感じた。

もくじ  3kaku_s_L.png 各小説の属性
もくじ  3kaku_s_L.png 零―中邑あつし
もくじ  3kaku_s_L.png 狼になりたい
もくじ  3kaku_s_L.png 追憶の人
もくじ  3kaku_s_L.png おばかさん
もくじ  3kaku_s_L.png 作詞したもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はんぶん、ずつ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
もくじ  3kaku_s_L.png 書き手の御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真珠
もくじ  3kaku_s_L.png 酔狂なレビュー
  • [魔王に抱かれた私……58]へ
  • [魔王に抱かれた私……60]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
 
  • [魔王に抱かれた私……58]へ
  • [魔王に抱かれた私……60]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。