FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ハロウィンタウンRPG12 獣人に口内射精されました  →ハロウィンタウンRPG13 メガネっ娘はエロいと思う
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 各小説の属性
もくじ  3kaku_s_L.png 零―中邑あつし
もくじ  3kaku_s_L.png 狼になりたい
もくじ  3kaku_s_L.png 追憶の人
もくじ  3kaku_s_L.png おばかさん
もくじ  3kaku_s_L.png 作詞したもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はんぶん、ずつ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
もくじ  3kaku_s_L.png 書き手の御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真珠
もくじ  3kaku_s_L.png 酔狂なレビュー
【ハロウィンタウンRPG12 獣人に口内射精されました 】へ  【ハロウィンタウンRPG13 メガネっ娘はエロいと思う】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

女子高生と恋愛しませんか?

女子高生と恋愛しませんか?……24

 ←ハロウィンタウンRPG12 獣人に口内射精されました  →ハロウィンタウンRPG13 メガネっ娘はエロいと思う
第二十四話・深みへと


 俺たちは、愛液にまみれてベッドで寝ていた。
 
 目を覚まして横を見ると、裸の愛里が寝息を立てている。すべすべした頬に触れた瞬間、つややかな唇がかすかに開いた。
 
「寝かしとくか」
 
 なるべく静かにベッドから降りて、トランクスを履く。
 
「コーヒー飲みたいな」
 
 独りごちながら部屋を歩くと、食器棚の中にインスタントコーヒーと二組のマグカップを見つけた。電気ポットを持って洗面所に行く。
 
 ベッドでは相変わらず、愛里が気持ちよさそうに寝ている。
 
「可愛いな」
 
 窓がないせいで日の光が入らず、何時なのかわからない。置いてあった腕時計を見ると、針は午前五時を指していた。
 
 ほろ苦いコーヒーを飲みながら、愛里の寝顔を見つめる。
 
 カップをテーブルに置いて横に座った。ああ、この子は本当に俺の女になったんだな。そんなことを考えながら愛里の髪の毛を撫でていると、彼女がゆっくり目を開いた。
 
「先生、おはようございます」
 
 思わず吹き出しそうになりながら、愛里の額にデコピンをする。
「先生は止めて……」
 
 彼女がにっこり笑って言う。
 
「ごめんね」
「いいよ」
「幸彦、キスして」
 
 仰向けに寝ている愛里と、唇を合わせるだけのキスをする。
 
「コーヒー飲むか?」
「うん」
「待ってて」
 
 マグカップの中に湯を注いでいると、ベッドから愛里の「きゃっ」という声が聞こえた。
 
「どうした?」
「キスマークがいっぱい付いてる……」
 
 彼女が恨めしそうな顔をして、こちらを見ている。
 
「いっぱい付けたからな」
 
 にやにやしながらマグカップを二つ持って、ベッドの横にあるテーブルに置いた。愛里は眉をひそめている。
 
「もう。こんなんじゃ、友達の前で着替えられないよ」
「彼氏に付けられたって言えばいいだろ」
 
 すると、愛里はようやく笑った。
「そんなこと言ったら、大騒ぎになっちゃうよ。相手は誰なのって」
 
 わざと拗ねた顔を作って、彼女の瞳を覗き込む。
 
「ごめんな、堂々と自慢できる彼氏じゃなくて」
「ううん、謝ることなんかないよ。満足してる」
 
 愛里が甘えた顔をして唇を突き出してきた。くちゅくちゅとキスをしているうちに、ついついその先へ行きそうになる。
 
「愛里、ちょっと待った。コーヒー飲みたい」
「だめ」
 
 ふんわりした体が、俺にのしかかってくる。
 
「幸彦にも付けてあげる」
 
 彼女が髪の毛をかきあげ、首筋に吸い付く。
 
「お返し……」
 
 そう言ってから、ちゅっちゅっと音を立てて乳首を舐めまわし舌を這わせる。 すごく気持ちいい。
 
 昨日あれだけやったのに、肉根はがちがちに勃起している。愛里の指先や唇から伝わる感触は、鳥肌が立つほどの快感を俺に与えてくれていた。
 
「おまえ、緩いセックスの方が好きだろ?」
 
 吐息混じりに問いかけると、腰を嘗め回していた愛里が顔を上げて答えた。
 
「なんで?」
「そんな感じのキスしてるから」
 
 彼女が唇を離し、俺に顔を向けて言う。
 
「幸彦がしてくれるなら、なんでも好きだよ」
 
 屈託のない笑顔に惹かれつつ、今度は俺が愛里を体の下に敷いた。
 
「もっと付けてやりたい。本当は、外に出したくないんだ」
 
 これは本心だ。許されるならどこかに閉じ込めて、ずっと抱いていたい。自分の独占欲の強さに呆れる。でも、愛しく思う気持ちには嘘はない。
 
 自分が、どんどん変わっていくような気がした。
 教え子とセックスなんてとんでもないと思っていたのに、今はそれが当たり前になっている。
 
 そばにいて欲しいのは、たった一人だ。
 
 精一杯の気持ちを込めて、唇を合わせた。ゆっくり舌を絡め、丁寧に愛し続ける。
 
「んん……っ」
 
 たまらずに顔を背けようとする、愛里の頬を押さえて言う。
 
「だめ」
 
 舌を絡め、唇を離す度にくちゅくちゅと卑猥な音がする。
 
「あ……も、もうだめえ」
 
 とろけた顔の愛里が甘い声を出す。今度は彼女の顔を押さえて舌を絡めながら、肉根に片手を添えてゆっくり膣口へと入れて行く。 正常位だ。
 
 唇の隙間から、彼女がうめき声をあげる。
 
「んうーっ!」
 
 カリ首まで挿入してから片手で愛里の髪の毛を撫でて、もう片方の手は彼女の腰を浮かせるように導く。
 
 熱く濡れた膣壁をこすりながら、奥までずっぽりと入れた。更に恥骨をすり合せると、愛里の体がビクンビクンと震える。
 
「あ、あはああーっ!」
「ほんとに可愛いよ」
 
 ずぶずぶと出し入れするたびに、どんどん気持ち良くなっていく。
 
「もっと淫乱になっちゃえよ」
 
 そう言って引き抜き、再び突き入れた。
 
「あ、ああーっ!」
 
 愛里は俺を見上げて破顔する。
 
「あ……す、好き……」
「俺も愛里が好きだよ」
 
 出し入れしながら乳首を舐めているうちに、愛里の悲鳴がますます大きくなっていく。
 
「もっと鳴けよ」
 
 絶頂の痙攣が始まった愛里を激しく突きまくった。汗に濡れた豊かな乳房が、ゆさゆさ揺れる。
「あっ……あはんっ、あんっ、いいっ! 幸彦、もっと突いてーっ!」
「愛里、おまえの中は最高だよ」
 
 彼女の黒髪が激しく乱れ、その体が汗でじっとりと濡れていく。
 
 締め付けられながらピストンしているうちに、どんどん射精の欲求が高まってくる。
 
「そろそろ出すぞ」
「あ、ああっ……うん、出して」
 
 愛里の体に抱きつき、奥まで突き入れて射精した。教え子の女子高生に中出ししている自分に、ぞくぞくしてしまう。
 
「あっ、あ……幸彦が私の中に……」
「気持ちいいだろ?」
「うん……」
 
 まだまだ出し足りない。そんなことを考えながら、残った精液を彼女の中に注ぎ込んだ。
 
 





※中出しあるのみ! 心理描写もセックスシーンも濃厚に!! 優美香のモットーでございます!
面白かったらクリックよろしくお願いいたします!


fc2でも頑張って上に行きたいです、下部のタグも宜しくお願いいたします。
皆様の応援だけが頼りです


こちらをご覧になると最新話が読めますよ(・∀・)♪
http://novel18.syosetu.com/n7791y/







もくじ  3kaku_s_L.png 各小説の属性
もくじ  3kaku_s_L.png 零―中邑あつし
もくじ  3kaku_s_L.png 狼になりたい
もくじ  3kaku_s_L.png 追憶の人
もくじ  3kaku_s_L.png おばかさん
もくじ  3kaku_s_L.png 作詞したもの
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png はんぶん、ずつ
もくじ  3kaku_s_L.png おしらせ
もくじ  3kaku_s_L.png 書き手の御挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png 真珠
もくじ  3kaku_s_L.png 酔狂なレビュー
【ハロウィンタウンRPG12 獣人に口内射精されました 】へ  【ハロウィンタウンRPG13 メガネっ娘はエロいと思う】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit
  • 【ハロウィンタウンRPG12 獣人に口内射精されました 】へ
  • 【ハロウィンタウンRPG13 メガネっ娘はエロいと思う】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。